OtojaLog

おとやさんが好きかって書くログ。

トニーノ・チェルヴィ(1968)『野獣暁に死す』

OGGI A ME, DOMANI A TE!
製作国:イタリア
上映時間:95分
監督:トニーノ・チェルヴィ
出演:モンゴメリー・フォード/仲代達矢/バッド・スペンサー/ウィリアム・バーガー

野獣暁に死す [DVD]

野獣暁に死す [DVD]

 

『復讐のガンマン』での認識をいい意味で再確認させてもらったのが本作。敵役として登場するのはなんと仲代達矢! 妻を殺し、自分に濡れ衣を着せたフェゴ(仲代達矢)に復讐するため、モンゴメリー・フォード演じるカイオアがそれぞれ特徴ある4人のガンマンと共に、フェゴに戦いを挑みます。

 殺人の濡れ衣を着せられた男が、真犯人の強盗団のボスを追い詰めて倒すまでを描いたマカロニ・ウェスタン。真犯人である悪党を演じたのは仲代達矢で、日本人との混血児という設定が強引ながらも、日本では公開当時話題になった。映画全体は凡庸な出来だが、黒沢映画で鍛えられた仲代の悪役ぶりは堂に入っており見応えがある。仲代がロケ地の空港に着いた時、出迎えに来た現地スタッフが彼の頭を見て、“なんだ、チョンマゲは日本に置いてきたのか”と残念がったという逸話が残っている。

どちらかというと、陰惨なテーマの多いマカロニウエスタンですが、本作は「復讐」というテーマがありながらどこかユーモラス。いい意味で緊張感のない、肩の力を抜いて観られる映画です。妙に明るい音楽も本作にはとても合っています。

演技と言う意味では、仲代達矢モンゴメリー・フォードを完全に食ってしまっている感がありますが、やっぱりマカロニウエスタンの敵役はこれくらいの存在感は欲しいものです。