OtojaLog

おとやさんが好きかって書くログ。

ジャン=リュック・ゴダール(1963)『軽蔑』

LE MEPRIS
製作国:フランス/イタリア/アメリカ
上映時間:102分
監督:ジャン=リュック・ゴダール
出演:ミシェル・ピッコリ/ブリジット・バルドー/ジャック・パランス/フリッツ・ラング

軽蔑 [Blu-ray]

軽蔑 [Blu-ray]

 

ジャン=リュック・ゴダールブリジット・バルドーを主演に据えて撮影した作品。当時ゴダールは奥さんとの離婚問題を抱えていて、それがこの映画にも反映している……らしいです。プライベートを仕事に持ち込むなってのは、日本人的な考え方ですかね。まぁ、監督はアーティストですしw ただ、それに付き合わされるスタッフや出演者は大変だと思いますが。

 劇作家のポールのもとに、辣腕プロデューサーのプロコシュがシナリオの書き直しを依頼しに来た。フリッツ・ラング(本人)が監督する新作『オデュッセイア』があまりにも難解すぎるからだ。打ち合わせの後、プロコシュの自宅へ招かれたポールと妻カミーユだったが、後からやって来たポールにカミーユの態度は冷たい。彼女が何に対して怒っているのか、二人の仲は自宅へ戻っても変わらない。あんなに愛し合ったのに、ベッドを共にする事も拒絶するカミーユ。やがて、映画のロケのためにカプリ島に出かけた際、ポールはカミーユとプロコシュがキスしている光景を目にする……。A・モラヴィアの原作を基に、当時、妻アンナ・カリーナとの問題で悩んでいたゴダールが自己の苦悩を投影させ、いくら愛しても愛されない事の不可解を描いた作品。同時に、斜陽化の激しいヨーロッパの映画産業を舞台にする事でハリウッド化への警鐘と不安も内包している。その二つの事象に対するF・ラングの言葉が、的確かつ辛辣だ。

映画自体は正直な話、あまり見るべきところはないような。ただ、建物の壁の美しい色彩、鮮やかなBBの衣服など、映像の色彩はかなり心に残ります。BBの完璧なプロポーションも、もちろん印象に残りますがw

あとは、ドイツが生んだ名監督、フリッツ・ラング御大がご本人役で出演しているのも見所のひとつ。『M』が最高傑作だとか、楽屋落ちというか、セルフ・パロディのような台詞を語っていたりします。