読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとやろぐ

イタリア製・ソ連製西部劇研究家見習い

潜水艦U-ボート7型C/9型C作ってみた

艦これ」はやってますね。ぼくも7月中旬くらいまで「提督はなるまい」と思っていたのですが、ついつい7月下旬参戦。榛名さんを旗艦にして日夜出撃しています。

で、艦これ遊んでたら久しぶりに軍艦のプラモデルが作りたくなりまして。ハセガワから出ている、ドイツ海軍が誇る海の狼、潜水艦U-ボート7型C/9型Cを組み立ててみました。何で艦これ遊んで日本海軍の軍艦じゃないのか。

パッケージと中身はこんな感じ。パケ絵の7型Cの艦橋のマーキングがU96仕様なのが『U・ボート』ファンには嬉しいですね。

パーツはこんな感じ。ウォーターラインシリーズどれにも言えますが、やっぱり細かいパーツが多い。艦体のパーツにちょっとバリが多かったです。

まずVIIC型の艦橋(左)とIXC型の艦橋(右)を組み立てました。組み立てたあと、先に塗装しというたほうがよかったかとも思ったんですが、まぁ、大丈夫かな。

さらにVIIC型の艦底と艦体を接着。IXC型のほうは艦橋を取り付ける穴を開ける必要があるのですが、ピンバイスが手元になかったので、届くまで後回し。VIIC型の艦橋は単に乗っけているだけで、この時点では接着していません。塗装を先にする予定。

撃沈された英国商船も組めるところを組み立て。船尾部分は組み立てる前にスクリューの塗装が必要なので後回し。

で、てろてろ色を塗って、足らない塗料を買ってまたてろてろ色を塗って、そんでもって組んでみたらこんな感じになった。いきなり投げやりな感じなのはこのあとの写真を撮り忘れたからです。


U-ボート7型C

U-ボート9型C

大破轟沈中の英国商船。たぶん英国。

こうやってみると塗りがちょっと荒いところもある気がしますが、いまのぼくの技術ではこんなもんでしょう。基本的に組んで塗装しただけで、改造などはしてません。あ、1ヶ所だけ。本来9型の主砲は105mm単装砲なのに対し、7型の主砲は88mm単装砲×1なのですが、パーツではどちらも同じ長さになっていたので、7型に付けるほうを少しだけ切り詰めました。