おとやろぐ

イタリア製・ソ連製西部劇研究家見習い

アムハラ語入力を Mac OS X 上で利用する方法

前提として、アムハラ語はおもにエチオピアで使用されている言語で、ゲエズ文字(あるいはアムハラ文字)という表音説文字(子音 + 母音の音節全体をひと文字で表す文字体系。ひらがななどもそう)で書きあらわされます。ちなみに同じくエチオピアで使われているティグリニャ語もゲエズ文字で書きあらわされるらしい。

Mac OS X は多言語対応のOSであり、アラビア語ヒンディー語タイ語といったさまざまな文字体系の入力メソッドを標準で備えています(珍しいところだとアルメニア語やグルジア語も入力できます)。が、アムハラ語の入力メソッドは存在しません。ラテン文字(いわゆるローマ字)で書きあらわされる言語ならば、英語の入力メソッドを使うこともできますが、上に書いたように、アムハラ語では独自の文字を使う以上、それもできません。

そこで、SIL インターナショナルを頼ります。SIL インターナショナルはキリスト教信仰がベースとなった少数言語のための組織で、少数言語のフォントや入力メソッドなども数多く開発、公開してくれています。

Abyssinica SIL Download

まず、上記のSILインターナショナル・サイト内のアビシニカ SIL フォント・ダウンロードのページを開き、ページ下部にある SIL Ethiopic keyboard layout for Mac OS X というファイルをダウンロードし、解凍します。

つづいてライブラリフォルダー内の Keyboard Layouts フォルダーに先ほど解凍した SIL Ethiopic keyboard layout for Mac OS X に含まれている SILEthiopic.icns と SILEthiopic.keylayout を移動します。

そして、システム環境設定を開き、キーボード、入力ソースの画面を開きます。画面左下の「+」ボタンで新しい入力メソッドの追加を選択し、表示される言語一覧から「その他」を選択すると、新たに SIL Ethiopic という入力メソッドが選択できるようになっています。መልካም!

以上、意外と簡単でした。