読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとやろぐ

イタリア製・ソ連製西部劇研究家見習い

「赤い西部劇」翻訳進捗状況 1

otoyalog.hatenablog.com
で書いたソビエト西部劇についての書籍「赤い西部劇」(仮)(Красный Вестерн)の翻訳進捗状況ですが、あれから1日1ページは訳すこと、というのを自分へのノルマと課してこつこつと進めています。もっと早く進められればいいのですが、ぼくのロシア語力と集中力の限界はそんなところのようです。1ページを訳すのに大体2時間くらいかかっているため、単純計算ですべて訳し終えるのに500時間以上かかる計算になります。

ありがたいことに、今のところはノルマをきちんとこなせています。現在は1920年代のソビエトでの西部劇の状況や、ソビエト映画界全体にかかわる部分を訳しているのですが、知らなかった内容が盛りだくさんで、やはり読みはじめてよかったなぁ、と思いながら翻訳しています。

(現時点での仮の)訳了予定:2016/12/25