OtojaLog

おとやさんが好きかって書くログ。

「Cappuccino Spoontforce Deluxe VI」を紹介してみる

たまたま見つけたフリーのミニゲームなんですが、結構面白かったのでご紹介します。

ahogames.itch.io

タイトルは「Cappuchino Spoontforce Deluxe VI」。6というからには6作品目なんだと思いますが、その辺は追っかけていません。

カプチーノカップで入浴している女の子の上から砂糖を入れたりコーヒーを流し込んだりして、ハイスコアを狙うゲームです。画面を見ていただくとわかりますが、ゲームボーイあたりのハードを意識した作りになっており、BGMやSEもそんな感じ。ゲームボーイっぽいSEが結構気持ちいい。

Cappuccino Spoontforce Deluxe VI

Cappuccino Spoontforce Deluxe VI

ゲームの内容はシンプル。 画面上部で左右に揺れているカーソルがあるのですが、Yキーを押すことでコーヒー、粉砂糖、角砂糖に切り替えることが出来、それをコーヒーカップに注ぎ込むことで得点を上げていくことがゲームの目的です。

コーヒー投入



この中でコーヒーだけは機能が異なっています。画面下部に表示されるゲージが制限時間を表しているのですが、カップにコーヒーを注ぎ込むことによってこのゲージを回復させることができます。要は、コーヒーで時間を稼ぎつつ、粉砂糖、角砂糖をぶち込んで得点を上げる、という仕組みになるわけです。

得点ですが、角砂糖が1個100点、粉砂糖は注ぎ込んでいる時間に応じて、1点が積みかさなっていく、という感じです。

入浴している女の子ですが、左端、中央、右端とそのポジションを変えながら入浴を楽しんでいる模様。で、この女の子にコーヒーなり角砂糖なりを当ててしまうとどうなるか、というと。

角砂糖直撃

こうなります。角砂糖の場合、一発で500点獲得です。ちなみに粉砂糖は150点。ただ、ペナルティがないわけではありません。

怒ってらっしゃる

当然というか何というか、リラックスしているところに角砂糖をぶつけられたので怒ってらっしゃいます。しばらく時間が経過すれば怒りは収まるのですが、この怒り状態の際に、もう一度ぶつけたり、コーヒーをかけたりしてしまうと、ゲームオーバーになってしまう、という仕組み。

めっちゃ怒る


ちなみに、コーヒーについては女の子にかけても得点は発生せず、怒りを買うだけなので避けなければいけません

こんなバランスなので、基本戦略としては角砂糖を女の子にぶち当てつつ、彼女が怒っている間は慎重にコーヒーを補充する、というものになってくるのですが、コーヒー補充中に彼女が移動することによって、うっかりコーヒーがかかって彼女激怒、ゲームオーバー、みたいなことになりがち。

プレイ時間は短めで気軽に遊べるので、結構おすすめです。OSはWindowsにのみ対応なのですが、Mac OS X上でWineを走らせてそこで動かせることは確認できました。

Mark O'Travelという白地図アプリが面白いという話

以前他のところでも書いた気がするのですが、iPhone / iPad 対応の白地図アプリ「Mark O'Travel」というアプリがあります。これがかなり面白いわりに、日本語での紹介情報があまりに少ないので、また書いてみます。

個人的には、数ある白地図色塗り系サービス/アプリの中では断トツで素晴らしいと思っています。

Mark O'Travel - あなたの旅行マップ。

Mark O'Travel - あなたの旅行マップ。

  • Sergei Shpygar
  • 旅行
  • 無料

何ができるアプリなのか

白地図色塗り系サービス/アプリでできることというのは、だいたい共通していて、何種類かの色で世界地図や日本地図を塗り分けられる、というものです。差別化ポイントとしては何種類の色で塗り分けられるのか、とか、何種類の地図が収録されているか、などです。

主な訴求対象者としては、子ども時代に自分が旅行した県を日本地図で色塗りするのが好きだった人がそのまま大人になった人とか、旅行が趣味で自分がこれまで何ヶ国旅したのか白地図に色塗りして悦に入りたい人とかですかね。どちらも私です。

Mark O'Travelが素晴らしい点

地図収録数・種類

何よりも素晴らしいのが、収録白地図数が、恐らく類似サービス/アプリの中で圧倒的に多く、つい最近までしばしば追加されており、これからの追加にも期待が持てるところ。

まず、無料で使える地図として、6種類の世界地図があります。一番基本となるのが「国連加盟国」という193の国連加盟国に加え、オブザーバーであるバチカン市国パレスチナの塗り分けができる世界地図。また、「主権国家」(205領域)「移入地域」(256領域)「属領」(266領域)「遠い地域」(279領域)という、それぞれ違った度合いに世界が細分化された地図に切り替えることが可能です。

主権国家」では台湾アブハジア共和国コソボ共和国北キプロスソマリランドなど、国連に加盟していない国家・地域や事実上独立しているものの非承認国が多数を占める国家が追加されています。「移入地域」ではフェロー諸島だったり、ジブラルタル香港マカオスヴァールバル諸島といった、国家内での独立性の高い地域が別枠に。「属領」ではフランス領・南極地域のような本国から遠く離れた属領が追加され、「遠い地域」では南極大陸北極点シーランド公国のような、何というか、そういう地域が追加されています。アフリカ大陸のスペイン領であるセウタメリリャもこの段階で独立して塗り分けが可能となっています。

また、6種類目に「旅行者クラブ」(327領域)という少し違った切り口で世界を分けている地図もあり、この地図ではイギリス本国がイングランドスコットランドウェールズ北アイルランドに分けて塗り分けることができたり(コーンウォールはない)、イスタンブールがトルコとは別になっていたり、琉球諸島小笠原諸島を日本とは別に登録できたりと、旅行者に人気の場所が細分化されている一方、「遠い地域」では登録することのできた、事実上立ち入り不可能な無人島、なんかは除外されています。コペンハーゲンにあるクリスチャニアや、イタリアのミクロネーションであるセボルガ公国アゼルバイジャンにある未承認国家アルツァフ共和国(旧ナゴルノ・カラバフ共和国)など、なんで消えてるんだろう、という国・地域もあったりしますけれど。

もう一つの地図グループとして、地域地図というものがあります。有り体に言えば、日本地図で県ごとに塗り分けられる地図、みたいな地図です。それが世界の様々な国家・地域のものが現在120種類あります。これに関しては有料で、1枚1枚お金を払って買うこともできるのですが、全ての地図をまとめ買いすれば400円くらいで買えるうえに、今後追加される地域地図も利用できるので、まとめ買い一択です。

日本やアメリカ、中国みたいな、そこそこの大きさの国からルクセンブルクアンドラと言った、かなり小さな国の地域地図まで一通りそろっています。最近追加された香港、マカオの地域地図とか、細かすぎて自分がどこに行ったことがあるのか、塗り分けに難儀するレベル(笑)

塗り分けの色数

6色で塗り分けられます。塗らない、という状態を合わせると7色。デフォルトでは、未訪問・訪問済み・行きたい、といった旅行関連の名前がついているのですが、カテゴリ名は編集可能なので、例えばEU加盟国、みたいなカテゴリ名にして、自分で塗ってみる、みたいな使い方も可能です。

また、それぞれの国、地域に対して訪問日程データを持たせることができるのですが、この訪問回数に応じで塗り色の濃さを変更する、というオプションもあります。何度も訪問した旅先は濃い色で、1回しか行っていないところは薄い色で表現できるということです。

共有が容易

地図を画像形式で、リストを文字列で共有することが簡単にできます。たとえば、日本の地域地図を画像で共有するとこんな感じ。直接TwitterやLineに投稿することも可能です。

日本地図

日本地図

テキストで共有すると、以下のようなテキストデータを出力することができます。

住んでいた - 5/47
埼玉, 山梨, 静岡, 千葉, 東京
訪問済み - 36/47
愛知, 茨城, 岡山, 沖縄, 岩手, 岐阜, 宮崎, 宮城, 京都, 熊本, 群馬, 広島, 香川, 三重, 山形, 山口, 滋賀, 鹿児島, 新潟, 神奈川, 青森, 石川, 大阪, 長崎, 長野, 鳥取, 島根, 徳島, 栃木, 奈良, 富山, 福岡, 福島, 兵庫, 北海道, 和歌山

Mark O'Travelに要望したい点

日本語に対応しているのですが、翻訳がところどころ微妙に不自然です。塗り分けのカテゴリで、恐らく「Visited」であろうものが「訪れ」という何だかこう神々しい感じの日本語になっていたり、「そんな筈はありません、今までに」というちょっとどういう時に使うのかよく分からないカテゴリが存在していたり(ちなみに「訪れていない」というカテゴリは別にある)。まあ、カテゴリについては自分で項目名を編集できるので、そんなに大きな問題はありません。

一方で、国名・地域名については自分で編集することができないので、たまに気になる翻訳があるのが少し残念。一番謎なのが「パプアニューギニア」という国名。その「の」はどこから出てきた。

まとめ

こんな感じで、ところどころローカライズが不自然な点をのぞけば、かなり有能なアプリなので、白地図アプリを探している人にはかなりおすすめです。

今年は貴州省に行きます

f:id:otoya_kyo:20180729220145p:plain

だいぶブログのエントリーに間が空いてしまったけれど、特に書くことがなかったので書いていなかった、というまあ、それだけの話です。

さて、夏の旅先が決定した、というお話。ANAマイレージがそこそこ貯まっていたので、それを使って旅行に行くことにしました。ただ、来年予定しているスロヴェニア旅行にも特典航空券を使いたいので、残りマイル数の関係上、旅先の候補は韓国、中国、フィリピン(マニラ)、台湾の4ヶ国(あるいは4つの国と地域)に絞られました。

韓国は以前一度行ったことあるし、言葉通じないしなあ、ということで今回は除外。フィリピンは行ったことないので魅力的ではあるのですが、あまり都会に行くのも、というので除外。中国と台湾に絞られたわけです。 私はある程度の中国語は使えるので、中国・台湾は割と楽に旅行できます。

一旦は山西省平遥古城を見に行こうと決めたのですが、日程の合う太原行きの航空券がなくて断念。今年は諦めて国内でじっとしてようかとも思ったのですが、何の気なしに貴陽行きのチケットを検索したところ、日程もルートもばっちりな便が取れてしまったので、貴州省に行くことにしました。

貴州省、暑そうなイメージがあったんですが、調べてみると暑くもなく寒くもなく、なんか楽園ぽいところなので、この暑さから逃げられるだけでも幸せ。とはいえ、まだ先なので、日本もそんなに暑くなくなっている可能性もありますけれど。

西南地方は雲南省四川省には行ったことがあるのですが、貴州省は今回が初めてなので、そういった意味でも楽しみです。

アジア最大の滝といわれる黄果樹瀑布はぜひ見たいですけれど、それ以外はどこに行こうかなあ。郊外の少数民族の村を回るのも面白いだろうし、紅色旅游的には遵義に行くという手もあります。あとは、最近は高鉄網が整備されているから、ちょっと他の省に足を延ばす、という手もあります。

サッカーW杯日本戦感想まとめ

f:id:otoya_kyo:20180704182950p:plain

たまにはこんな記事を。私には戦術分析とか、そういうことはできないので、単純に感想です。

私のサッカー観戦歴

1998年のフランスW杯は、記憶にある限り見ていませんでした。2002年の日韓W杯は結構見ていました。日本代表はもちろん応援していましたが、アイルランド代表も好きでした。当時一番好きだったのはアイルランド代表で、チェルシーに所属していたダミアン・ダフ

Jリーグ三浦俊也監督が就任したあたりからの大宮アルディージャファンでした。2004年シーズンで初のJ1昇格を決めて、たしか、2003年あたりからはホームの試合にはしばしば足を運んでいた記憶があります。2004年の昇格を決定した試合は、会場で観戦していました

ロバート・ファーベク監督が就任したあたりまでは、大宮の試合はテレ玉で放送されるときは結構見ていたのですが、気がついたらあまり見なくなり…… という感じ。

W杯については、2006年のドイツW杯は当然結構見てましたが、2010年、2014年は日本戦だけは見たり、見なかったりといった感じで、日本代表に関する知識も10年前くらいで止まってました

予選リーグ コロンビア戦

以前書いた副業中に見ていました、というか、お客さんのために大画面で流していたので、仕事しながら見たり見なかったり、という感じ。当然仕事優先なので集中しては見ていませんでした。一方、ここで見る機会がなければ、今大会もほとんどスルーしていたと思うので、そう考えるとありがたい。

冒頭のサンチェスのハンドも、そのタイミングでは画面を見ていなかったのですが、お客さんのどよめきに何事かと画面を見たら、PKからの香川のゴール。正直、なんじゃこりゃ、という感じでした。

その後も仕事しながらちらちら見ていましたが、前半にキンテロに同点ゴールを決められながらも、後半に大迫のゴールでまさかの勝利。

親善試合の結果や、謎のタイミングでの監督交代なんかは把握していたので、正直今大会3連敗もあり得ると思っていたので、これには非常に驚いた、というのが正直な感想。

予選リーグ セネガル

セネガルの監督であるシセ氏が非常にフォトジェニックというか、見ていて魅力的なキャラクターでした。閑話休題。マネの先制ゴールからのスタート。取り返すために前掛かりになったところで更に点を取られるのではないかと危惧していたのですが、豈図らんや、日本代表は非常に落ち着いてプレーしていました

乾の左のシュートから得点して1-1で前半折り返し。これは悪くない、と思って見ていました。実際、大迫の決定機もありまししね。ただ、ここで決めきれなかったせいでワゲの得点でまたもや劣勢になってしまったのは残念なところ。

この試合では西野監督の交代戦術もうまくあたり、途中出場の本田が同点ゴール。やっぱりこの人、大言壮語するだけの実力はありますよね。すごい。

試合内容は悪くなく、正直勝てた試合だった気もしますが、しっかり勝ち点を確保したのは素晴らしかったです。

予選リーグ ポーランド

最後の10分間の戦いぶりが色々と言われていますが、個人的には、これがルールに反していないのであれば、戦術としては完全にアリだと思っています。見ていて面白いかと言われれば面白くないですが、私自身は、大宮時代の三浦監督の、「面白い負けより面白くない勝ちを」みたいな戦術は見せられ慣れているので。

一方で、まだセネガルが追いつく可能性がある中で、あの指示を出した西野監督はほんとギャンブラーというか、日本が点を取る可能性よりも、セネガルが点を取れない可能性が高いと判断した、ということで。一歩間違えれば自分の選手を信頼していない、ととられかねない判断をしっかりと下した、という。この人、どんだけ腹が据わっているのか。

全体としては、そこまでの試合も、それほど面白みはないというか、お互い攻めきれない感じの試合だった記憶が。というか、あんまり試合内容の記憶がない……

日本の試合が終わったあと、チャンネルを回してコロンビア、セネガル戦の後半ATだけちょっと見たんですが、シセ監督がめっちゃ「攻めろ攻めろ!」みたいに指示を出していて、やっぱりフォトジェニックでした。そりゃTwitterでも人気でる

決勝トーナメント ベルギー戦

まあ、どうせ負けるよね、と思いながらも、深夜に起き出してきて観戦。結論から言うと見てよかった。すごいいい試合でした

前半、開始直後にちょっと惜しいシーンがあったくらいで、あとはひたすらベルギーの攻めをいなし続ける展開。見ているこっちも精神的に疲れるし、選手も非常に体力的に疲れそうな展開でした。川島のナイスセーブもあって何とか無得点で折り返し。

後半、原口のシュートでまさかの先制。まじかよ……まじかよ……と思って見ていたら、直後に乾のロングシュートでまさかの追加点。夢では、と思いました。これ、もしかするといけるんじゃないか、と思いました。多分、この時間に見てた人、みんなそう思ったんじゃないでしょうか。

しかし、その後はご存知のように、ベルギーの猛攻でひっくり返され、日本のW杯はまたもベスト16で終わりました。

後半、2点目は途中出場のフェライニに頭で押し込まれたわけですが、あれだけ身長差があると、正直どうにもならんというか、何というか、理不尽なデカさ。

最後の本田のFKとCKは、もうちょっと時間をうまく使えば、とも思うけれど、一方で、もし延長になったとき、日本に切れるカードが残っていたのか、と言われると疑問もあり、延長を戦いきる力が残っていない以上、あそこで勝負に出るのは、結果として失敗したけれど、ありだったとも思います。

それにしても、ベルギーの3点目のカウンターは、ほんとお手本のようなカウンターで、悔しいながら非常に美しかった

総評

見てよかったです。なにより、日本代表が10年ほど前に比べ、確実に技術的に進歩しているのが感じられて、個人的にはそこが非常に楽しかったです。西野監督も悪くなかった。ただ、それはそれとして、ハリルホジッチ監督を本番2ヶ月前に切ったことについては、何らかのしっかりした総括があるべきだとは思います。今回のW杯について、西野体制が2ヶ月しかなかったことで、この結果をハリルホジッチ氏の成果と分析すべきか、西野氏の成果と分析するか、非常に切り分けがややこしくなってしまっており、今大会の結果は置いておいて、今後の日本サッカーの成長においては、W杯1回分を無駄にした、くらいの状況になっている部分もあり(というとちょっと言い過ぎだけれども)、協会の長期的展望の欠如については、何らかの弁明、ないし今後に向けての長期方針の表明、のようなものがあって然るべきとは感じています。まあ、ないのだろうけれど。

個人的には、これを機会に、スタジアムまで行くかはわからないけれど、またテレビでサッカー観戦の機会をちょこちょこ増やしていこうかな、とも思っています。可処分時間は有限ですし、現在の私としては自分の武術の方が優先順位は高いので、どれだけ見られるかな、という気はしますけれど。Jリーグは、大宮をまた応援するか、それとも今住んでいる土地のチームを応援するか、悩みどころです。

まだW杯は終わっていないですし、昨日のスイス・スウェーデン戦も面白かったですし、私が割と好きなクロアチア代表もまだ残っているし、まだ楽しみはいろいろあります。

続・エントリ内で表示していない画像をアイキャッチに使う方法

f:id:otoya_kyo:20180703123600p:plain

otoyalog.hatenablog.com

昨日、はてなブログにおいてエントリ内で表示させていない画像をアイキャッチとして使う方法について説明しましたが、昨日の方法ではスマートフォン表示にしたときに画像が表示されてしまうことに気づきました。

今回は、スマートフォン表示でも上記の目的を達成するための方法を書いていきます。

基本的に、前回エントリで記した内容は、今回の方法をとる場合でもやっておくべき内容なので、そこに変更はありません。スマートフォン表示でも画像を表示させないために、追加でやるべき内容になります。なお、この方法をとるに当たり、はてなブログProには登録の必要はありません

1. デザイン変更画面のスマートフォンデザイン変更タブに遷移し、「記事上下のカスタマイズ」の「PCと同じHTMLを表示する」にチェックを入れます。

f:id:otoya_kyo:20180703123031p:plain

2. デザイン変更画面のカスタマイズタブに遷移し、「記事」の「記事上下のカスタマイズ」項目の記事上ないし記事下の部分に、以下のソースを記載します。例によってクラス名は適宜読み替えてください。

<style type="text/css">
    img.eyecatch{
    display:none;
}
</style>

以上の作業を行うことで、スマートフォン表示においても、アイキャッチ画像を非表示にすることが可能となります。

エントリ内で表示していない画像をアイキャッチに使う方法

f:id:otoya_kyo:20180628153133p:plain

不可視にして貼り付けてアイキャッチ画像として設定する、以上。というだけの話なんですが、これで終わるのも何なのでもう少し丁寧に書きます。

このブログでは、特に画像を貼り付ける必要のないエントリには画像を貼り付けていません。よく、エントリ内に本文とは直接関わりのないアイキャッチみたいな画像を貼り付けているブログがありますが、私はあれ、あまり好きではないので。好きな人は好きにやればいいと思いますが。

ただ、はてなブログでは、エントリ内に貼り付けてある画像をエントリのアイキャッチ画像として選択できるようになっており、ここで画像を選択しておくと、例えばこのブログですと、右カラムの新着記事(Recent)欄にアイキャッチ画像として表示されたり、月別アーカイブページにも表示されたりと、設定しておいたほうが綺麗なのは確か。というより、アイキャッチ画像を設定しておかないと、新着記事欄のデザインが少し崩れるのが嫌

ということで、エントリ内で画像を非表示にしつつ、アイキャッチとしては画像を利用する方法です。

1. はてなブログの標準機能で画像を貼り付ける

どうせ不可視にしてしまうので、貼り付ける位置はどこでも構いません。私は記事の一番上に貼り付けています。

2. 非表示にしたい画像のクラス名を変更する

標準機能で画像を貼り付けると、class="hatena-fotolife"というクラス名が付きますが、このhatena-fotolifeの部分をわかりやすい、新しいクラス名に変更します。例えば、eyecatchとかでもいいんじゃないでしょうか。

3. デザインCSSに以下の記述を追加する

img.eyecatch{
    display:none;
}"

2でeyecatch以外のクラス名を付けていた場合、適宜変更してください。display要素をnoneにすることで、画像は非表示状態になります。

「Steins;Gate 線形拘束のフェノグラム」をトロコンしたから感想書く

ネタバレあり

STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版) - PS3

STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (通常版) - PS3

 

Steins;Gate」シリーズの番外編的な短編集、「線形拘束のフェノグラム」。発表時期的には「比翼恋理のだーりん」の後で「ゼロ」の前。設定的には「だーりん」の方の要素は存在しているけれど、「ゼロ」要素は構想はあったかもしれないけれど、まだ発表はされていない、ということを頭の隅に置いておかないと、たまにあれってなる。ちなみに「だーりん」は未プレイ。

まあ、基本的には本編とは直接的には関わり合いの薄いスピンオフ、という認識でいいのかな、とも思う。一方で、本編側と明確に矛盾しない部分は、本編でも同様か、近い事象が発生していた、と考えても、差し障りはないのかもしれない(岡部がラボを構えた動機とか)。

総評としては、やっぱり結局のところファンディスク、というか、公認二次創作以上のものではないなあ、という感じ。本編では描かれていないキャラクターの心情の補間がされている、という意味では面白いのだけれど、少なくともゲームとは言えないわけで。これをドラマCDなどではなく、ゲームという媒体で表現する必然性があったのか、と言われると疑問はある。必然性がなければゲームにしてはいけないのか、と問われると、もちろんそんなことはないのだけれど。

以下、それぞれのシナリオについてちゃちゃっと書く。

  • 「走査線上のジキル」クリア時の感想・疑問
    • 全体の感想
    • この世界線について
    • なぜ萌郁が生きているのか
    • なぜタイムリープマシンが存在したままになっているのか
    • この世界線におけるルカ子の性別は?
  • 「絢爛仮想のファムファタール」クリア時の感想
  • 「雨鈴鈴曲のスクレイパー」クリア時の感想
  • 「黄昏色のソーテール」クリア時の感想
  • 「幽霊障害のランデヴー」クリア時の感想・疑問
  • 「桃色幻都のシャ・ノワール」クリア時の感想
  • 「迷宮錯綜のヘルマフロディトス」クリア時の感想
  • 「悠遠不変のポラリス」クリア時の感想
  • 「昏睡励起のクアンタム」クリア時の感想
  • 「三世因果のアブダクション」クリア時の感想
  • 「月暈のビヴロスト」クリア時の感想
続きを読む